知っ得大衆TOP ライフ ライフニュース

居酒屋よりも楽しく酔える♪ ファミレスからラーメン、牛丼まで…「ファストフード飲み」オススメ番付

2016-12-04 [ヴィーナス2016年11月04日号]

 少し飲んで帰りたいけど、わざわざ居酒屋に入るほどでもないしなぁ……。そう思いながら、職場から自宅に帰る読者諸兄は意外と多いのではないだろうか。一人で入る抵抗感や、さっと1、2杯飲みたいだけというお手軽さを考えれば、酒場というのは意外とハードルが高いと言える。

 しかし! 現在、ファストフードやファミレスはおろか、牛丼チェーンまでもが、こぞって「ちょい飲み」を導入しているのを、ご存じだろうか? 駅前やバイパス、ショッピングセンターの中など、至る所に店を構える便利なチェーン飲食店が、安価なアルコールのメニューや、つまみのメニューを積極導入しているのだ。「通常メニューを調理する器具を使って作れる、今までにはなかったおつまみメニューを提供したり、アルコールとのお得なセットを売り出している店が、とにかく増えているんです。ファストフードのコンセプト“早い、安い、うまい”は、ちょい飲みのあり方にもマッチしているし、食事も一緒に済ませられるメリットもある。これを利用しない手はありませんよ」(フードジャーナリスト)

 チェーン飲食店の“元祖・ちょい飲み店”とも言える存在が、低価格でさまざまなイタリアンを食べられるサイゼリヤだ。ワインを、グラスなら100円で、デキャンタ(500ミリリットル)でも399円と、格安価格で提供。食事に行ったはずのサイゼリヤで、ついつい、飲み過ぎたという経験がある人も多いだろう。それが、他の店にも広がっているということなのだ。

 そこで、本誌は全国を網羅するチェーン飲食店のうち500店舗を抽出。味やコスパはもちろんのこと、アルコールメニューやつまみメニューの種類数、そして、中高年男性が利用しやすいか(酒を注文しやすいか)という雰囲気の5項目に分けて徹底調査した。

 その合計点数順にランキング化したのだが、意外にも1位はラーメンチェーンの日高屋だった。アルコールメニューをそつなく置いているだけでなく、すべての時間帯で安さを実現。また、つまみメニューも中高年男性が安心して食べられるラインナップで、酒類のメニュー同様に低価格なのだ。

 当然、シメのメニューにも事欠かないし、周りの目も気にならない。サラリーマンにとって、聖地とすら呼べる場所になっている。他のラーメンチェーンと比べても、価格差やメニュー構成の幅は際立っていると言っていい。

JRが国鉄だった頃から駅の売店としてお馴染みの「KIOSK」。語源はトルコ語で「あずまや」を意味する言葉とされていて、そこから主に新聞や飲み物、軽食などを扱う小さな売店として英語で「KIOSK」と呼…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.