名刺はなぜ「紙」ではなく「刺」!? 新入社員に教えたいビジネストリビア

2015-03-20



#

新入社員が初めて手にするものの一つに「名刺」がある。社名と自分の名前が入った「名刺」を支給され、社会人になったことを改めて実感した、なんて方も多いだろう。そんな「名刺」だが、名前が書かれている紙なのだから、「名紙」でもいいはずなのに、なぜ「刺す」なんて物騒な字が使われているのだろうか。

その理由は「名刺」の起源とされている、古代中国(25〜220年、後漢の頃)にある。当時の位の高い者(科挙官僚、地主、文人)たちは、誰かの家を尋ねるとき、名前と用件を記入した竹片や木片を持参し、相手が不在の場合、門前の箱に刺していたという。これが「刺(さし)」と呼ばれ、のちに「名刺」と変わって日本に伝わったそうだ。

現存する最古の「刺」は、1984年に発掘された、三国時代の呉(222〜280年)の武将・朱然の墓で発見された本人の「刺」で、その内容は「朱然です。お元気でしょうか? また来ます」という、簡単なメッセージだったらしい。
西洋の「名刺」の起源とされているのは、16世紀初めに登場した「visiting card」で、やはり不在の訪問先に置いてくるものだった。また、17世紀初めにはイギリスでは、仕事で顧客に渡すために「business card」が使われていて、こちらはショップカードのように店に置かれていたそうだ。

日本の「名刺」の始まりは、平安時代の「名符(みょうぶ)」とされていて、貴族などに仕える者たちが、自らの姓名や官職名などを記入して提出する札のことだ。江戸時代になると、懐紙に名前などを記入して、中国や西洋と同じように、不在の訪問先に置いてくる習慣が一般化した。明治時代には西洋風のカードタイプの「名刺」が作られるようになり、現在のような形になっていく。なお、日本で初めてカードタイプの「名刺」を作ったのは、幕末の遣欧使節の団長だった池田長発(ながおき)で、フランスで作っている。

ちなみに日本では出会ってからすぐに交換するが、西洋では別れ際に氏名、住所、連絡先などの確認のために交換することが多いとか。国によってビジネスマナーも様々なようだ。

▶ この記事の画像

注目キーワード

▶ 新着記事

歯医者はこう選べ! “80歳で20本”を目指すための「歯の新常識」

「認知症治療」最前線~最新の研究は、ここまで進んでいる!

中高年必見! 医者が絶対「飲まないクスリ」とは

10億はここから!? 年末ジャンボ宝くじ「好運売り場」ピックアップ!

グルメの新スポット! 日本の美食は「東京駅」に集う!!

日刊大衆
元気!笑い!!ハプニング!!?週刊大衆公式サイト
#
知っておかないと怖いマイナンバー

▶ アクセスランキング

1
肝臓がんの場合も! 手を見ればわかる重病のサイン
肝臓がんの場合も! 手を見ればわかる重病のサイン
2
1位はどこ? 犯罪件数が多い都道府県ランキング
1位はどこ? 犯罪件数が多い都道府県ランキング
3
ビートたけしも患った!? 「男性更年期障害」丸わかりガイド
ビートたけしも患った!? 「男性更年期障害」丸わかりガイド
4
住みやすい都市がわかる!? 家賃の安い都道府県ランキング
住みやすい都市がわかる!? 家賃の安い都道府県ランキング
5
人間の「血液量」は何リットル?
人間の「血液量」は何リットル?
6
「会社が買収された!」その時あなたの生活はどうなる?
「会社が買収された!」その時あなたの生活はどうなる?
7
死亡例も! 実は身近にある危険な毒野菜7つ
死亡例も! 実は身近にある危険な毒野菜7つ
8
キヤノン、ワコール、コクヨ…外国語風でも「実は日本語」の会社名
キヤノン、ワコール、コクヨ…外国語風でも「実は日本語」の会社名
9
フサフサの人も必読!「ハゲの真実」30
フサフサの人も必読!「ハゲの真実」30
10
ガンがわかる「発見チャート」公開 これが「危険な身体のサイン」だ!
ガンがわかる「発見チャート」公開 これが「危険な身体のサイン」だ!
日刊大衆
元気!笑い!!ハプニング!!?週刊大衆公式サイト

知っ得大衆 TOPへ

▶ サイトインフォメーション