かつて日本で死傷者を出す「大流血選挙」があった!?

2015-03-23 [週刊大衆03月30日号]



#

「明治・大正時代」編 vol.01

明治22年(1889年)、大日本帝国憲法が発令されると同時に衆議院選挙法が公布。翌年、第1回総選挙が行われています。

結果は政府系の「吏党(りとう)」が敗北。政府に反対する「民党」が過半数の議席を獲得し、政府は苦しい議会運営を迫られます。
ここで政府が仕掛けたのは、とんでもない荒業でした。

松方正義首相が衆議院を解散し、第2回総選挙の実施を決定。全国の知事、警察、憲兵隊、無頼の徒らに指令を出し、吏党を勝たせるための大規模な選挙干渉を行ったのです。
有権者への買収、恐喝などは当たり前。言うことを聞かない者には殴る蹴るの暴行を加え、民党候補者や事務所は襲撃されました。

明治25年(1892年)の投票日当日には、刃物や銃を持った男たちが投票所に押しかけ、政府側の候補者への投票を強要。全国で約400人もの死傷者を出す大流血選挙になっています。昔のこととはいえ、ひどい話です。

しかし、この騒動に巻き込まれたのは国民の一部だけでした。当時は誰でも投票できる普通選挙ではなく制限選挙。投票権があるのは25歳以上の男子で、15円以上の納税者に制限されていたからです。
その条件に該当する有権者は、日本国民全体の何%だった?


(1)1%
(2)5%
(3)10%


答えはココを押す! 答え :(1)


出題:浜川卓也

注目キーワード

▶ 新着記事

歯医者はこう選べ! “80歳で20本”を目指すための「歯の新常識」

「認知症治療」最前線~最新の研究は、ここまで進んでいる!

中高年必見! 医者が絶対「飲まないクスリ」とは

10億はここから!? 年末ジャンボ宝くじ「好運売り場」ピックアップ!

グルメの新スポット! 日本の美食は「東京駅」に集う!!

日刊大衆
元気!笑い!!ハプニング!!?週刊大衆公式サイト
#
緊急通報の電話番号が「119」になったワケ

▶ アクセスランキング

1
肝臓がんの場合も! 手を見ればわかる重病のサイン
肝臓がんの場合も! 手を見ればわかる重病のサイン
2
1位はどこ? 犯罪件数が多い都道府県ランキング
1位はどこ? 犯罪件数が多い都道府県ランキング
3
ビートたけしも患った!? 「男性更年期障害」丸わかりガイド
ビートたけしも患った!? 「男性更年期障害」丸わかりガイド
4
住みやすい都市がわかる!? 家賃の安い都道府県ランキング
住みやすい都市がわかる!? 家賃の安い都道府県ランキング
5
人間の「血液量」は何リットル?
人間の「血液量」は何リットル?
6
「会社が買収された!」その時あなたの生活はどうなる?
「会社が買収された!」その時あなたの生活はどうなる?
7
死亡例も! 実は身近にある危険な毒野菜7つ
死亡例も! 実は身近にある危険な毒野菜7つ
8
キヤノン、ワコール、コクヨ…外国語風でも「実は日本語」の会社名
キヤノン、ワコール、コクヨ…外国語風でも「実は日本語」の会社名
9
フサフサの人も必読!「ハゲの真実」30
フサフサの人も必読!「ハゲの真実」30
10
ガンがわかる「発見チャート」公開 これが「危険な身体のサイン」だ!
ガンがわかる「発見チャート」公開 これが「危険な身体のサイン」だ!
日刊大衆
元気!笑い!!ハプニング!!?週刊大衆公式サイト

知っ得大衆 TOPへ

▶ サイトインフォメーション