実例アリ!? 実は人間も「冬眠」できる?

2015-04-15 [週刊大衆04月20日号]



#

「驚きの人体」編 vol.03

冬眠は厳しい冬を乗り切るために、動物たちが編み出したサバイバル術。代謝活動を極端に低下させ、何か月も寝たままで過ごします。
例外もありますが、冬眠するのは主に小型の動物。彼らは体重に対して表面積が大きく、体温維持に大量のエネルギーを必要とします。しかし冬場は食料の確保が困難。冬眠せざるをえないようです。

シマリスを観察すると、冬眠中のエネルギー消費は活動期の13%に、心拍数は毎分400回から10回以下に、呼吸は毎分200回から5回程度になり、体温は37℃から5℃まで下がるそうです。エネルギー消費は活動期の13%に、心拍数は毎分400回から10回以下に、呼吸は毎分200回から5回程度になり、体温は37℃から5℃まで下がるそうです。

人間の場合、体温が下がると臓器の機能が停止して死んでしまいますから、冬眠は不可能とされてきました。しかし平成18年、人間も冬眠できるかもしれないと思わせる出来事が兵庫県で起きています。
六甲山で35歳の男性が崖から転落。骨盤骨折で意識不明になり、長期間水さえ飲まずに放置されていました。救助されたときの体温は22℃で仮死状態でしたが、何の後遺症もなく回復しています。

冬眠に近い状態だったと考えられているこの男性、遭難から救助まで、何日間を仮死状態で過ごした?

(1)16日
(2)24日
(3)32日


答えはココを押す! 答え :(2)


出題:浜川卓也

注目キーワード

▶ 新着記事

歯医者はこう選べ! “80歳で20本”を目指すための「歯の新常識」

「認知症治療」最前線~最新の研究は、ここまで進んでいる!

中高年必見! 医者が絶対「飲まないクスリ」とは

10億はここから!? 年末ジャンボ宝くじ「好運売り場」ピックアップ!

グルメの新スポット! 日本の美食は「東京駅」に集う!!

日刊大衆
元気!笑い!!ハプニング!!?週刊大衆公式サイト
#
和太鼓は牛革、では「鼓」に張るのは何の革?

▶ アクセスランキング

1
肝臓がんの場合も! 手を見ればわかる重病のサイン
肝臓がんの場合も! 手を見ればわかる重病のサイン
2
1位はどこ? 犯罪件数が多い都道府県ランキング
1位はどこ? 犯罪件数が多い都道府県ランキング
3
ビートたけしも患った!? 「男性更年期障害」丸わかりガイド
ビートたけしも患った!? 「男性更年期障害」丸わかりガイド
4
住みやすい都市がわかる!? 家賃の安い都道府県ランキング
住みやすい都市がわかる!? 家賃の安い都道府県ランキング
5
人間の「血液量」は何リットル?
人間の「血液量」は何リットル?
6
「会社が買収された!」その時あなたの生活はどうなる?
「会社が買収された!」その時あなたの生活はどうなる?
7
死亡例も! 実は身近にある危険な毒野菜7つ
死亡例も! 実は身近にある危険な毒野菜7つ
8
キヤノン、ワコール、コクヨ…外国語風でも「実は日本語」の会社名
キヤノン、ワコール、コクヨ…外国語風でも「実は日本語」の会社名
9
フサフサの人も必読!「ハゲの真実」30
フサフサの人も必読!「ハゲの真実」30
10
ガンがわかる「発見チャート」公開 これが「危険な身体のサイン」だ!
ガンがわかる「発見チャート」公開 これが「危険な身体のサイン」だ!
日刊大衆
元気!笑い!!ハプニング!!?週刊大衆公式サイト

知っ得大衆 TOPへ

▶ サイトインフォメーション