激情型だった「徳川家康」がタヌキおやじに変貌したワケ

2015-04-21 [週刊大衆04月27日号]



#

「意外な日本史」編 vol.02

忍耐強く、狡猾(こうかつ)。本音を隠し、抜け目なくチャンスをうかがうタヌキおやじ。徳川家康にそんなイメージを持つ人は多いでしょう。しかし家康本来の性格は短気で、暴走しやすい激情型の男だったといわれています。その性格がよく表れているのが、武田信玄との三方ヶ原(みかたがはら)の戦い。

上洛を目指していたこのときの信玄にとって、徳川などたいした敵ではなかったのでしょう。家康が守っていた浜松城を黙殺し、素通りしようとしました。家康側が動かなければ戦(いくさ)は起こらない状況です。

浜松城で行われた軍議でも不戦論が主流。勝てる見込みのない戦いは避けるべきという意見が大半でした。ところが家康は、無視されたことに怒り心頭。反対意見を強引にねじ伏せて出陣し、信玄に戦いを挑んでいます。結果は徳川軍の惨敗。味方武将の多くを失い、家康自身も討ち死に寸前まで追い込まれ、命からがら遁走(とんそう)。恐怖のあまり馬の上で脱糞しながら逃げたと伝えられています。

これ以降、家康は生き残るため、自分の性格をムリヤリ押さえ込んだのかもしれません。緊張を強いられる場面になると必ず、内面の葛藤を示すようなクセが出たそうです。いくら注意されても直らなかった家康のクセとは?

(1)爪をかむ
(2)貧乏ゆすり
(3)歯ぎしり


答えはココを押す! 答え :(1)


出題:浜川卓也

注目キーワード

▶ 新着記事

歯医者はこう選べ! “80歳で20本”を目指すための「歯の新常識」

「認知症治療」最前線~最新の研究は、ここまで進んでいる!

中高年必見! 医者が絶対「飲まないクスリ」とは

10億はここから!? 年末ジャンボ宝くじ「好運売り場」ピックアップ!

グルメの新スポット! 日本の美食は「東京駅」に集う!!

日刊大衆
元気!笑い!!ハプニング!!?週刊大衆公式サイト
#
かいでみたい? オナラがチョコレートの香りになる薬が登場

▶ アクセスランキング

1
肝臓がんの場合も! 手を見ればわかる重病のサイン
肝臓がんの場合も! 手を見ればわかる重病のサイン
2
1位はどこ? 犯罪件数が多い都道府県ランキング
1位はどこ? 犯罪件数が多い都道府県ランキング
3
ビートたけしも患った!? 「男性更年期障害」丸わかりガイド
ビートたけしも患った!? 「男性更年期障害」丸わかりガイド
4
住みやすい都市がわかる!? 家賃の安い都道府県ランキング
住みやすい都市がわかる!? 家賃の安い都道府県ランキング
5
人間の「血液量」は何リットル?
人間の「血液量」は何リットル?
6
「会社が買収された!」その時あなたの生活はどうなる?
「会社が買収された!」その時あなたの生活はどうなる?
7
死亡例も! 実は身近にある危険な毒野菜7つ
死亡例も! 実は身近にある危険な毒野菜7つ
8
キヤノン、ワコール、コクヨ…外国語風でも「実は日本語」の会社名
キヤノン、ワコール、コクヨ…外国語風でも「実は日本語」の会社名
9
フサフサの人も必読!「ハゲの真実」30
フサフサの人も必読!「ハゲの真実」30
10
ガンがわかる「発見チャート」公開 これが「危険な身体のサイン」だ!
ガンがわかる「発見チャート」公開 これが「危険な身体のサイン」だ!
日刊大衆
元気!笑い!!ハプニング!!?週刊大衆公式サイト

知っ得大衆 TOPへ

▶ サイトインフォメーション