「ノンオイルドレッシングは体に悪い!?」ほか、意外な食べもの「常識」の間違い

2015-05-07



#

「医食同源」ともいうように、やはり日々の食事は大事である。正しい食生活が健康な体を作る、そう信じて「体によい」といわれる食べ物をせっせと摂っている人も少なくないだろう。しかし、昔は健康によいとされていたものが、実は健康に悪かった例は枚挙にいとまがないのも事実。食べ物にまつわる驚きの新説を紹介しよう。

●レバー、ほうれん草は肝臓にはよくない!?

必須アミノ酸を含み、栄養の宝庫であるレバー。鉄分も多く、貧血予防にもってこいな食品の代表格だが、実は肝臓には負担になることをご存知か。とくに、肝脂肪や肝炎を起こしている人は要注意。レバーの鉄分が、活性酸素を大量に発生させ、症状をさらに悪化させてしまう可能性があるのだ。肝機能障害を罹患している場合は、むしろ鉄分を控えるべきなのだ。同様の理由で、ほうれん草の摂りすぎにも気をつけるべし。何事もほどほどに、とはよくいったものである。

●市販の野菜ジュースに栄養はない!?

まず「一日で必要な野菜がとれる」という表示はトリックだと考えたほうがいい。厚生労働省が推奨する成人一日当たりの野菜の量は350gだが、それを基準に350gの野菜を計算上入れただけであって、野菜350gをそのまま摂ったときの栄養素が入っているわけではないのだ。とくに濃縮還元タイプのものは栄養がほとんどない。野菜ペーストを海外から輸入し、水や糖分、香料を加えて戻し、あくまで計算上100%にしたものが濃縮還元である。野菜の「カサ」が濃縮されただけであるからお間違いなく。野菜ジュースで栄養を摂りたいなら、ジューサーで自作するのが一番なのだ。

●ノンオイルドレッシングはノンヘルシー!?

カロリーを気にしてノンオイルドレッシングを愛用している人も多いはず。だが、そこには大きな落とし穴が……。実は、ノンオイルドレッシングは油の代わりに果糖ぶどう糖液糖が入っており、健康的とはほど遠いシロモノ。これは、サラダに砂糖をかけているようなもので、それなら普通のドレッシングを使って、他のメニューで油分を控えたほうがよっぽどヘルシーなのである。こちらも、自家製がおすすめだ。不飽和脂肪酸の割合が高いオリーブオイルなら、コレステロール値をコントロールしてくれ、ダイエットにも効果あり。オイルと酢は2対1の比率で混ぜ、あとはお好みで調味料を。市販のものよりコストもかからず、一石二鳥だ。

常識は覆されるもの。アナタの食卓は、本当に大丈夫!? 

▶ この記事の画像

注目キーワード

▶ 新着記事

歯医者はこう選べ! “80歳で20本”を目指すための「歯の新常識」

「認知症治療」最前線~最新の研究は、ここまで進んでいる!

中高年必見! 医者が絶対「飲まないクスリ」とは

10億はここから!? 年末ジャンボ宝くじ「好運売り場」ピックアップ!

グルメの新スポット! 日本の美食は「東京駅」に集う!!

日刊大衆
元気!笑い!!ハプニング!!?週刊大衆公式サイト
#
40年以上伸ばし続けると「髪」の長さはどのくらい?

▶ アクセスランキング

1
肝臓がんの場合も! 手を見ればわかる重病のサイン
肝臓がんの場合も! 手を見ればわかる重病のサイン
2
1位はどこ? 犯罪件数が多い都道府県ランキング
1位はどこ? 犯罪件数が多い都道府県ランキング
3
ビートたけしも患った!? 「男性更年期障害」丸わかりガイド
ビートたけしも患った!? 「男性更年期障害」丸わかりガイド
4
住みやすい都市がわかる!? 家賃の安い都道府県ランキング
住みやすい都市がわかる!? 家賃の安い都道府県ランキング
5
人間の「血液量」は何リットル?
人間の「血液量」は何リットル?
6
「会社が買収された!」その時あなたの生活はどうなる?
「会社が買収された!」その時あなたの生活はどうなる?
7
死亡例も! 実は身近にある危険な毒野菜7つ
死亡例も! 実は身近にある危険な毒野菜7つ
8
キヤノン、ワコール、コクヨ…外国語風でも「実は日本語」の会社名
キヤノン、ワコール、コクヨ…外国語風でも「実は日本語」の会社名
9
フサフサの人も必読!「ハゲの真実」30
フサフサの人も必読!「ハゲの真実」30
10
ガンがわかる「発見チャート」公開 これが「危険な身体のサイン」だ!
ガンがわかる「発見チャート」公開 これが「危険な身体のサイン」だ!
日刊大衆
元気!笑い!!ハプニング!!?週刊大衆公式サイト

知っ得大衆 TOPへ

▶ サイトインフォメーション