うるさい場所での電話を聞きやすくする「裏技」

2015-05-12 [週刊大衆05月11日・18日号]



#

「役に立つ裏技情報」編 vol.02

駅や繁華街など、騒音が多い場所での電話は相手の声が聞きづらくなりますが、何度も聞き直したり、大きな声を出してくれと頼むのも、なんとなく気が引けるものです。

こんなとき、たいがいの人は受話器を当ててないほうの耳を手でふさぎます。雑音を遮断し、相手の声を少しでも聞きやすくするためでしょう。しかし、この行為はたいした効果はありません。雑音を減らすなら耳ではなく、送話口をふさげばいいのです。

電話は、送話口から入った音が受話口からも出る構造。つまり受話口からは、自分の声や周囲の音も聞こえてきます。だから相手が話しているときに送話口をふさぐと、かなりの雑音をカットできるわけです。
ついでに言うと、周りがうるさいと、つい大声でしゃべってしまいますが、これは逆効果。こっちが大きな声を出すと、相手は出す声を小さくする傾向があります。

さて問題は、電話での決まり文句「もしもし」と「ハロー」の由来について。
「もしもし」は「申します申します」が変化した言葉といわれていますが、「ハロー」はある有名人が使い始めて普及した言葉だそうです。その有名人とは?

(1)アインシュタイン
(2)エジソン
(3)リンカーン


答えはココを押す! 答え :(2)


出題:浜川卓也

注目キーワード

▶ 新着記事

歯医者はこう選べ! “80歳で20本”を目指すための「歯の新常識」

「認知症治療」最前線~最新の研究は、ここまで進んでいる!

中高年必見! 医者が絶対「飲まないクスリ」とは

10億はここから!? 年末ジャンボ宝くじ「好運売り場」ピックアップ!

グルメの新スポット! 日本の美食は「東京駅」に集う!!

日刊大衆
元気!笑い!!ハプニング!!?週刊大衆公式サイト
#
「頭で“絶対できる“と思ってるのに、体がイメージ通りに動きません!」水道橋博士×野呂田秀夫『足腰力』対談vol.3

▶ アクセスランキング

1
肝臓がんの場合も! 手を見ればわかる重病のサイン
肝臓がんの場合も! 手を見ればわかる重病のサイン
2
1位はどこ? 犯罪件数が多い都道府県ランキング
1位はどこ? 犯罪件数が多い都道府県ランキング
3
ビートたけしも患った!? 「男性更年期障害」丸わかりガイド
ビートたけしも患った!? 「男性更年期障害」丸わかりガイド
4
住みやすい都市がわかる!? 家賃の安い都道府県ランキング
住みやすい都市がわかる!? 家賃の安い都道府県ランキング
5
人間の「血液量」は何リットル?
人間の「血液量」は何リットル?
6
「会社が買収された!」その時あなたの生活はどうなる?
「会社が買収された!」その時あなたの生活はどうなる?
7
死亡例も! 実は身近にある危険な毒野菜7つ
死亡例も! 実は身近にある危険な毒野菜7つ
8
キヤノン、ワコール、コクヨ…外国語風でも「実は日本語」の会社名
キヤノン、ワコール、コクヨ…外国語風でも「実は日本語」の会社名
9
フサフサの人も必読!「ハゲの真実」30
フサフサの人も必読!「ハゲの真実」30
10
ガンがわかる「発見チャート」公開 これが「危険な身体のサイン」だ!
ガンがわかる「発見チャート」公開 これが「危険な身体のサイン」だ!
日刊大衆
元気!笑い!!ハプニング!!?週刊大衆公式サイト

知っ得大衆 TOPへ

▶ サイトインフォメーション